大学時代の彼女と会社の女性で迷った男性の結婚

大学時代の彼女と会社の女性で迷った男性の結婚〜その後新人薬剤師に出会った〜

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_327215200714-thumb-1000xauto-16089.jpg

 

大学時代から付き合っている彼女がいましたが、新卒で行った就職先で隣の席にいた女性と仲良くなってしまったのです。恋愛感情はもてなかったと思いますが今でもこうして思い出すくらいですからちょっと本気が混じっていたのかもわかりません。

 

 

 

しかし女は怖いと言うか結婚するのにその気になれば多少のややこしい事は抜きにして、私もまだ若かったのですが、結婚すると言う確約を取り付けられたのです。職場に電話をかけて来るんです。これをやられると先ず大抵の女子は、彼女がいると言う風に解釈してただの男になってしまいます。

 

 

 

もちろんちょっと私が、気にしないでただの友達だからと言えば済む話だったなあ、と今更ながらにして思います。しかしそう言うと余計にややこしくなるので、彼女がいると言うしかありませんでした。それでも隣の席の女子と2回遊園地に行って来ました。

 

 

 

これは誰にも秘密です。2人だけの秘密を持つと言うのは少しハラハラするものでどうなるのか私には解らなかったのです。公に食事も行きますし喫茶店でコーヒーを飲んでいた時もあるんです。他人様からすると恋人同士に見えたかもしれません。

 

 

 

私としては大学時代からの彼女と結婚する気でいましたから。しかし色々仕事の話をしていたり単なる恋人の会話ではなかったんです。それでも2人で歩く時はピタッと身体を寄せて来てこのまま良い所へ行けるなとも思ったんです。

 

 

 

しかし最終的には学生時代の彼女を選びました。気心が知れているので私と言うモノを理解しようと努めてくれましたから。会社の女性はとにかくちょっと格好が良い感じの男性に思えたんでしょう。会社の連休を使って遊びに行ってくるとちょっと黙ってしまって必要な事しか何も言わなくなりました。

 

 

 

それで毎回のボーナスを貯めていたんです。結婚する事になってしまっているからそれを反故に出来ないと言う責任がありますので、会社の人とは自然消滅となり部署も変わりそのままとなりました。

 

と、これで終わったはずだったのですが、私がその後も寂しい毎日を送っていると、新人薬剤師という女性と出会うことがありました。
彼女は気立てが良く真面目で、見た目もかわいくてすごくかわいかったのです。

 

 

私はひとめぼれし、結婚しました!