メル友時代のネット恋愛

メル友時代のネット恋愛

ポケベルの時代、たまたまメッセージが来た人と会ったことがありました。
そしてお互いの電話番号を教えあって電話で話すようになりました。
相手の男性はちょっと変わった人で、自分のまぶたがいつもむくんでるという話をしていました。
朝起きてまぶたがむくんでいて、夜寝る前くらいにやっといい感じになるんだと電話で話をしていました。
実際会ってみると、色が白くて背も高いしわたしのもろタイプでした。

 

その人はそんなにマメな人ではなく、1回わたしと付き合うと約束して付き合うようになり、家にも1度来たことがあったのですが、その後3か月ほど全く連絡をくれなかったので、てっきりわたしの中では自然消滅したものだと思っていました。
なのでまた他の方といい感じになって付き合おうかとしている時に、何事もなかったかのようにうちに遊びに来たのでとてもびっくりしてしまいました。
行先も言わず、外に遊びに行こうと言われたのですが、結局行った先はホテルでした。
全然意味がわかりませんでした。

 

だって、ホテルに行くくらいなら私は一人暮らししているのだからわざわざ行かなくて良かったのではと思ってしまいました。
そして、ホテル代は割り勘でした。

 

 

その時、その彼を理解できなかったのでわたしはひそかにもう二度と会うまいと心に決めました。
それからというもの、その彼からの数少ないメールを無視し続け、完全に自然消滅という形で恋愛を終了させました。

 

聞いたらとてもいい学校を出ていて頭のいい方だったみたいですが、そのせいか言動が変わったところがあったので、わたしにはついて行けないなと感じてしまいました。
3歳年上の方で包容力もありそうな感じに見えたのにとても残念でした。
きっと、彼に合う人がいると思うので素敵な人を見つけてほしいなと思いました。"