高校1年生の時に付き合った変な男子のおかげで学んだ話

高校1年生の時に付き合った変な男子のおかげで学んだ話

わたしは高校1年生の時、初めて彼氏ができました。

 

バレンタインデーの時に告白されました。「ぼくにチョコをください」と。

 

それから付き合いが始まりました。

 

わたしには初めての彼氏だったので何もかもが初めての毎日でした。

 

しかし、その彼氏はとってもマイペースな人だったのでとても振り回されました。

 

まず、彼は放送部だったのですが私に「部室行ってくる、ちょっと待ってて」と言われました。

 

ちょっと待っててと言われたらわたしは5分か10分で帰ってくると思いましたが1時間たっても戻ってこず。しびれを切らして放送部の部室まで行くとみんなで楽しくしゃべっているだけ。「なんで来たの?」と言われてしまいました。

 

あと夜8時に家に電話すると言われたのでわたしは8時から電話の前でスタンバイ。

 

8時半になってもかかってこず。聞いたら忘れてたとのこと。

 

あと日曜日デートに行くことになり待ち合わせ場所に行きましたが15分たっても30分たっても来ず。

 

その頃、携帯もない時代だったので心配で彼の家まで行きました。

 

彼、家で寝ていました。

 

その時は、彼が大好きだったので無事なら良かったと思って許しましたが、今思えばとんでもない話だと思います。

 

そのうえ、彼はわたしにちょこちょこお金を借りていました。

 

そしてわたしに借りたお金を返す前に、自分にお金が入ったら自分のほしいものを先に買っていました。

 

たいして男前でもなかったし、なんでそんな男と2年半も付き合ったのか意味が分かりません。

 

でもそれ以来、わたしは男性に振り回されるのが大嫌いになってしまいました。

 

なのでマメでちょこちょこ連絡をよこしてくれる人が好きになりました。

 

お金を貸してとか言わない人、時間をちゃんと守る人が好きです。

 

その彼と付き合ったことで学習できました。